カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

ロンドンで Snow Peak 発見!

一つ前の記事のラーメン屋さんのある通りには、フライフィッシングのお店が2軒、その他にもアウトドアウェアのショップなどもあって、ロンドンで時間があるときにはフラッと出かけるいつものルート。
20191120_400.jpeg
こちらが Farlows というフライフィッシングのお店。ヨーロッパではトラウト狙いのフライフィッシングが盛んです。私はフライフィッシングはやらないのですが、そのうちやってみたいなぁ…と思いながら早30年。もうやらないかも…。

フライフィシングは、さすがヨーロッパを起源とした、ちょっとオシャレで上流階級のスポーツ・ハンティングという趣があるからか、アパレル系がオシャレなのが多いのがルアーやエサ釣りとは違うところです。
20191120_401.jpeg
ウ~ン、この防水のショルダーバッグとかいいなぁ…、でもOrvisならアメリカでも買えるからと、とりあえず商品タグの写真だけ撮って退散。

フライショップを出て、通りの向かいの目をむけると、そこにはなにやら見たことのあるロゴが。
20191120_402.jpeg

……
あ、あれは!
Snow Peak…、だよね?

イギリスにも展開しているのか!しかも路面店までオープンして。すごいなぁ、と言うことで突撃!
20191120_403.jpeg
「このガスストーブ、このまえアメリカで買ったんだよ〜」「イギリスでは、まだこのガスカートリッジが十分な数、輸入できてないんですよ」とか、店員さんとお話しましたが、まだ出来たてホヤホヤだそうです。

20191120_404.jpeg
イギリスではウェアの人気があって、キャンプグッズはこれからと言っていましたが、日本の誇るアウトドアブランドが、アメリカやイギリスで活躍しているなんて、なんだかちょっと誇らしい気分になりますよね!

0 コメント

コメント大歓迎です