カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

衝撃的なラーメンに出会う in イギリス

今回の出張最終日は、夜のうちにロンドン・ヒースロー空港の近くのホテルに移動。そこで一泊して、翌朝のフライトに乗るパターンでした。

空港近くのホテルともなると、なにも無いエリアにホテルだけが並んでいる訳で、気軽に夕飯食べにどこかに行こう!とか出来ません。ホテルのレストラン一択。

というわけで、ホテルのレストランで一人、晩ごはんタイム。メニューをみてみると…
20191125_000.jpeg

……
Prawn Ramen!?(エビラーメン)

シェフスペシャルなる特別メニューに、どこからみてもラーメンには見えないPrawn Ramenというメニューがあります

これは…、、ホテルレストラン価格とはいえ、お値段も凄いするし、どうしよう。。でもブログのネタになりそうだし。。。えい!ここは思い切って、ブログのネタだ!ネタ!

ということで、注文しました。
20191125_001.jpeg
まぁ、お味のほうは期待できませんので、毒消しにギネスビールも用意

ギネスをちびちびやりながら待っていると、やってきました Prawn Ramen!
20191125_002.jpeg
メニューの写真でも、汁なしラーメン!?というルックスでしたが、冷凍ミックスシーフードに入っているようなシュリンプに、きのこ、謎の海藻(昆布に見えるけど、私の知っている昆布ではない謎の海藻)、ネギが大量に入っており、パッと見た感じでは、本当に汁無しラーメンのように見えます。

でも掘ってみると、ちゃんと汁はありました。
20191125_003.jpeg
なんかちょっと得体の知れないカラーですが、醤油ラーメンなのかな。

麺はこんな感じです。どうですか、こんなラーメン、なかなかお目にかかれないですYO!
20191125_004.jpeg
さて、実食タイム。


……
な、なんじゃこりゃ!!!

ラーメン…、、、、では無い!

まずスープですが、すき焼きの割り下を薄めたような、なぞの甘ったるい醤油ベースのスープです。とりあえず醤油味にしておけば、なんでもラーメンスープになるとでも、思っているのでしょうか。。こちらのシェフは。

そして問題作なのが、麺。スープというか、汁にまったく絡まないし、コシも全然ない。なんだこれ…。でもこの麺、なんか知ってるぞ。。なんだっけ…。。あっ!!!これ、アレだ!!パンダ・エクスプレスとかのWOKによくある、中華の焼きそばの麺。炒麺です。中太の炒麺の麺。あれを茹でたんだな。ウ~、中華麺なら何でも良いって訳じゃないんだぞ。。

醤油風味のスープに、中華麺ぶっこんで、適当に具材のっけりゃ、RAMENになると思ってるのか、シェフよ。。お前、ラーメン食ったことないだろ(笑)

いやぁ、期待通り。期待通りでした。ギネスでお口を消毒しながら、なんだかんだで、ほとんど食べちゃいましたが(笑)、なかなか凄い食べ物でした。やっぱりね、海外でラーメンとかいったら、これくらいパンチのあるクソラーメンが出てこないとね!

ごちそうさまでした。

4 コメント

こぐれん  

衝撃ですね!素晴らしいネタです(笑)。

麺は細めのうどんに見えました…スープに片栗粉でとろみをつけたら、あんかけうどんっぽくならないですかね。いや、スープも微妙なんでしたね、お疲れさまでした☆

2019/12/04 (Wed) 09:55 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

To こぐれんさん

こぐれん さん

これこそが海外の正しいラーメンかもしれません。カリフォルニアの美味しい和食でスポイルされすぎてました。

2019/12/04 (Wed) 14:24 | 編集 | 返信 |   

gyogyojin  

やっぱイギリス激まずっすよね!
僕も10年くらい前にイギリスのホテルのレストランでやられました。見た目は普通の豚骨でしたが、麺が溶ける位まで茹でられ、スープが小麦味になってました~
最近はよくなってきたと聞きますが、イギリスはイギリスですね

2019/12/08 (Sun) 17:39 | 返信 |   

ワキ  

To gyogyojinさん

gyogyojin さん

イギリスの食事はダメと噂に聞いていたのですが、どれも普通に美味しくて、そんなこともないよね〜と思っていたのですが、まぁこういうハズレもありますね。和食系がダメなのかな。

それはそれで、ネタになるのでOKなんですけどね!

2019/12/09 (Mon) 05:30 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です