カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

クリスマスツリーを飾りました。

さて、いよいよクリスマスが迫ってきましたので、我が家でもクリスマスツリーの準備を開始しました。

まずは、この時期になると、幹線道路脇の空き地にやってくる、クリスマスツリーファームの生木販売所へLet's go!です。
20191208_000.jpeg
昨年は、年末年始に日本に一時帰国もあったので、小さな木を飾るにとどめましたが、今年はちょっと大きいの飾りたいね〜と。いろいろ見て回りましたが、我が家がクリスマスツリー選びをする時の注目点は、まっすぐ立っているかどうか。アメリカ初年度のクリスマスツリーは、部屋に設置してみたら、少し曲がっていてちょっと見栄えが悪かったので、真っ直ぐにするために、自分たちでノコギリでギコギコと根本をカットしなくてはならず、大変だったんです。。

木を選んだら、家に運びます。ルーフトップに結んでもらって運ぶ手もあったのですが、シートを倒して車の中に積み込んで搬送。
20191208_001.jpeg
注意しなくてはならないのは、車内で運ぶとこうなります。。。。葉っぱだらけ…。下になにか敷いて運んだほうが、良いですね。

土台付きで買ってきたので、設置に特に作業は要りません。エッサホイサと運び込んで、リビングに立てたら、オーナメントやライトの飾り付けタイムです。
20191208_002.jpeg
カナダ時代から数えて、過去10年ほどの記憶の詰まったオーナメントを、子どもたちがせっせとツリーに飾ります。

こちらは、カナダの国民的アイコンと言ってもいいでしょう。ドーナツチェーンのティム・ホートンズのカップのオーナメント。
20191208_004.jpeg
あぁ、ティム行きたいなぁ。

こっちにも、ティム・ホートンズのカップのオーナメントがありますね。
20191208_005.jpeg
右上のロッジみたいなのは、バスプロショップスのオーナメントです。我が家のオーナメントの特徴として、釣り、および魚関係が異様に多いことが挙げられます(笑)

ここは、嫁やシム子嬢のコーナーですね。
20191208_006.jpeg
カルーセルの馬とか、鹿ちゃんとか、動物関係も結構多いです。

あぁ、これは…。ブログの記事を見返してみると、5年前の2014年に買った、エルサのオーナメント。
20191208_007.jpeg
5年前、フォスターシティからサン・カルロスの Hallmark まで、嫁が探しにいったヤツだ(記事)。

こんな感じで、どのオーナメントにも「これは、あそこで買ったやつだよね」とか、「あ〜懐かしい!」なんて、ストーリーがあったりして、クリスマスツリーって、なかなか奥深いですなぁ。

ということで…
20191208_101.jpeg
完〜成〜!

あとは、このツリーの下にプレゼントが積まれていくのを待つばかりですね。あ〜、今年は(今年も?)釣り竿とリールを新調したいなぁ(笑)

0 コメント

コメント大歓迎です