カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

ピンクジープツアーに出発!

2020年二日目の朝、起きて外にでてみたら…
20200102_000.jpeg
車が凍ってました…。アリゾナ、暑いイメージでしたけど、ガツンと冷え込むのね。ダウンジャケットとか持ってきて、良かったです。

朝ごはんを食べたら、いざ本日のメインイベントというか、この度のメインイベントに出陣!
20200102_001.jpeg
やってきたのは、こちら。ピンクアドベンチャーセンター。ここから、ピンクジープツアーという、その名の通り、ピンクのジープに乗ってのツアーに出かけるのです!

嫁が色々と調べて手配してくれたこのツアー、最長11時間のハードコアツアーから、2時間くらいのものまで、いろんなコースがあるのですが、下車してハイキングなどが殆ど無い、子供にもイージーなコースを予約しました。

我々のジープには、ワキ家4名と、お母さんと小学生の少年の2人組の、計6名が乗車。イージーなコースと思っていましたが、このジープ、意外と速度が出ます。まずはナショナルフォレストまで、舗装された普通の公道を走っていくのですが、オープンジープでかっ飛ばすと、それはそれでちょっとしたアトラクション。シム子嬢は、嫁の隣で固まっておりました。
20200102_002.jpeg
そしていざ、オフロードに突入!13歳児は、助手席に座っております。ガタガタゴツゴツで、ときにドロドロなオフロードを、ジープはその走破性能を活かして、ガンガン進みます。ジープすげー!!こんな急傾斜、岩もゴロゴロしてるし、無理でしょ〜!みたいなところも、ガンガン進んでいきます。

途中、見晴らしの良いところで記念撮影タイム。
20200102_004.jpeg
うーん、素晴らしい景色です。晴れてよかった。

ガイドのおっさんが、アリゾナや、セドナの歴史、生息する動物たちのこととか、色々と話してくれて、勉強になるツアーでした。ここアリゾナ、セドナには、けっこう猛烈な雨季があるらしく、こうやってみていると乾いた荒野に見えますが、そこかしこに、干上がったクリークの跡があります。雨季になると、猛烈なストームがやってきて、洪水状態になるんだそうです。この時期は、干上がっておりますが。大自然ですなぁ。

20200102_005.jpeg
2時間ちょいのツアーでしたが、ジープは凄く揺れました。持ちこたえましたが、シム子嬢は途中で少し調子が悪くなっちゃったみたい。こちらのツアーに行く人は、前日に、飲み過ぎないようにしましょう!二日酔いで行ったら、即死します。即死。即ゲロ。注意してください。

ピンクジープツアーでした。

0 コメント

コメント大歓迎です