カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

荒野の中で、アンティークに出会う

さて、長々と続いたアリゾナドライブ旅行記も、ようやく終わりそうです。大晦日に出発して、1月3日には帰ってきたというのに、旅行記が長くなりました。。

三が日最後の日、1月3日は、朝ごはんを食べたら、セドナを出発。フェニックスの端っこのほうを通り抜けて、西へ。
20200103_000.jpeg
カリフォルニアまでサボテンの荒野を抜け、なにもない砂漠を抜け…というコースですが、途中で給油と休憩に Quartzsite という小さな町に立ち寄りました。

砂漠の中にポツンとあるオアシスのような小さな町ですが、RV(キャンピングカー)のキャンピングサイトとして栄えているようで、周りは砂漠の荒野で、な〜にもないのに何でみんながキャンプしにくるのは不明ですが、RVキャンプ場やサービスセンターが並んでおりましたが、他にはなにもない。

20200103_006.jpeg
プロパンガス売り場の横に立ってる小さなコーヒーショップで、ちょっと休憩。

20200103_001.jpeg
スーパーマーケットも、スーパーマーケットではなく、ジェネラルストア(よろずや)です。ウェスタンな雰囲気があって、素敵ではありますね。

コーヒーを頂いたら、ガソリンを給油し、「いざ!カリフォルニアに帰るぞ〜!」と、フリーウェイに向かって走っていると、RV車が並んでいるけど、どこからみてもRVキャンプ場には見えない一団を発見。面白そうだからと、ちょっと脇道にそれて見に行ってみると…
20200103_008.jpg
フリーマーケットでした。アンティークマーケットというより、フリーマーケット。蚤の市。せっかくだからお宝さがしに行ってみよう!と、車を停めて突撃です。

さすが、アリゾナの荒野の中の蚤の市。ヒゲのオッサンたちが、これでもか!とガラクタの山を並べております。誰が、買っていくのか分かりませんが。。。
20200103_007.jpg
オッサンたちのガラクタなので、ハンティング関係、釣り関係、バイクや車、軍関係のモノが多かったですね。釣り関係のモノは、いつも思うのですが、一体誰が買うんだろうかと。もう使えないようなクラシックなロッドやリール。部屋やお店の飾りとして買うのかな。

そんなオッサンだらけの蚤の市の中にも、ポツリ、ポツリと、コレクティブルを出しているオバちゃん屋台もありまして、そんな中の一つののテントに突撃していった嫁から、飽きてしまった子供たちと車のなかで休憩していたお父さんはに、「ちょっと、凄いのみつけちゃったかも」とメッセージが。
20200103_004.jpeg
奥の方に、なかなか状態の良い、パイレックスやファイヤーキングなんかを見つけたようです。

…ということで、なんかホクホク顔で、紙袋を抱えて戻ってきましたね。最後の最後に、お土産追加。良いもの見つけたみたいで、良かったね。

アリゾナ、ドライブ旅行でした〜。

0 コメント

コメント大歓迎です