カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

シム娘嬢、誕生日記念のくら寿司

先日、誕生日を迎えたシム子嬢。ついては、シム子嬢の好きなものを食べに行こう!ということになりまして、シム子嬢のリクエストを聞いてみると…
20120113_300.jpeg
やっぱり!家族全員の予想通り、「くら寿司に行きたい〜!くら!くら!」とのこと。彼女曰く、「ラーメンも、デザートも、お寿司もあるから、みんなハッピーでしょ」とのこと(笑)。そんな気を遣っているフリして、自分がラーメンとわらび餅(きな粉)を食べたいだけでしょうに。

夕飯時ということもあって、1時間待ちでしたが、無事入店。
20120113_301.jpeg
シム子嬢、お寿司は、納豆巻きとイクラ専門。納豆巻きがあれば、二皿はぺろりといきますが、残念ながら、アメリカのくら寿司には納豆巻きはないので、イクラの軍艦から。シム子嬢は、お父さんと食の趣味が似ていて、キューリが苦手なので、キューリは速攻取り除きます。

イクラを食べ終えたころに、やってきたのは、シム子嬢のメインディッシュ。
20120113_302.jpeg
醤油ラーメン。彼女のなかでは、くら寿司は、ラーメンファミレスという位置づけなのです。

シム子さんが、ラーメンを食べている合間に、家族はせっせとお寿司をいただきます。
20120113_303.jpeg
13歳児は、鮪の赤身と、炙りサーモンマヨが好物。最近、めちゃくちゃ食べるので、高いお寿司屋さんには連れていけないな(苦笑)。くら寿司で、満足してもらうしかない。

ラーメンは半分食べて、ギブアップ。残りはお兄ちゃんに食べてもらって、さっさとデザートタイムに突入する、マイペースなシム子嬢。
20120113_304.jpeg
定番のわらび餅です。彼女がくら寿司に来る目的は、このわらび餅。餅も好きなのですが、本当の狙いは、きな粉。砂糖がはいって甘いきな粉は、彼女の大好物なのです。餅をたべたら、きな粉をせっせときれいになるまでスプーンで食べます。

わらび餅だけでは、飽き足らず…
20120113_305.jpeg
この日は、ゴマ団子にまで手を出しました。デザートは別腹とはよく言ったものです。

一方の、13歳児。食べ続けて、ちょっと休憩していたので、もうお腹いっぱい満足なのかと思っていたら…、、
20120113_306.jpeg
「シャリカレー注文して!」と、締めにカレーをキメてきました。シャリカレー、新製品として最近アメリカにも投入されたようです。一口もらいましたが、これがなかなか美味しい。ルーがスパイシーなので、シム子嬢にはちょっと無理かな。

みんな沢山食べて、お腹いっぱい。ごちそうさまでした〜。

Kura Revolving Sushi Bar
2700 Alton Pkwy #133,
Irvine, CA 92606

0 コメント

コメント大歓迎です