カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

思春期ボーイ炸裂中

このブログを始めた頃は、かわいい3歳児だった彼も、気がつけば絶賛思春期ボーイ。

ちびまる子ちゃんばりに、ごろごろ〜、ごろごろ〜、ひっくり返ってゲームしてばかりの、問題児。「宿題やれ」と言ったら、「なんでだよ!」とキレるし、「早く寝ろ」といったら「宿題終わってねーんだよ」と言うし、もう意味がわかりません。

まぁ、私にもそういう時代があったので、仕方ないとは思うのですが、ちょっと甘やかしすぎたかな〜と。お父さんの都合で、日本や海外を連れ回し、転校ばかりさせてしまっているので、その他の部分では不自由させないようにってやりすぎたのかも、なんて思ったりね。
20200130_000.jpg
朝も、嫁は6時には目覚ましをセットして、せっせと朝ごはんと、子供達のお弁当の準備。いつも本当に、お疲れさまです。シム子嬢は、7時前後にはバッチリ起床。寝相は最悪、人間凶器みたいなアニマル娘ですが、寝起きはとっても良い子ちゃん。ちょっと遅れて、お父さんも合流して、朝のコーヒータイム。

思春期ボーイはというと、学校に行くギリギリまで布団から出てきません。「遅刻するぞ!」「まじであと10分しかないぞ!」「もう送ってかないぞ!」と無理やり起こして、着替えさせ、「早くせい!早くせい!」と、車に押し込もうとすると、「トイレ。」とか…。マイペースというか、なんというか、朝から、ぐぬぬぬ…ストレスがマックスです。。

こんな感じで、我が家の朝は、とっても忙しないです。彼の思春期が終わってほっと一息ついた頃には、シム子嬢の思春期がやってくるのか〜。。はぁ…。

0 コメント

コメント大歓迎です