カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

一家で、Flu Shot を打ちに行ったのだ!

世の中、コロナウイルスで大変な騒ぎになっておりますね。我が家の近所でも感染者が出たとかで…。いやぁ、ちょっと怖いですね。

そんな中、ワキ家は、「そういえば、今シーズンはインフルエンザの予防接種してないね」という話になりまして、お医者さんに問い合わせたところ、ワクチン売り切れというので、CVSファーマシーで、一発射ってもらうことにことにしました。
20200131_000.jpeg
嫁が、Web予約で家族全員分ぶち込んでくれたので、夕方ちょっと会社を抜けて、CVSへ。

Web予約番号を、このキオスクで入力すれば受付完了。
20200131_001.jpeg
こちらの薬局内の小さなウォークインクリニックでやってもらうことになりますので、受付を完了したら、呼ばれるまで待機です。前の患者さんが、結構長引いていて、予約はしていったものの、20分くらいは待たされました。

我ら家族は、10分間隔で4人分いれてあったのですが、家族みんな一緒にやってあげるから、おいで〜と、家族4人で小さな診療室に突撃。

Flu Shot 自体は、一人1分もかからないで終わったのですが、全員の保険の情報などをパソコンに打ち込むのに、一人分3分から5分くらいかかってました。確かに、全員が、この診療所では初診だもんね。なるほど、我が家の前の患者さんが、あんなに時間がかかったのも、コレのせいかな。「そりゃ、時間もかかるのも仕方ないね」と、合点が行きました。
20200131_002.jpeg
久しぶりの注射ということで、超緊張していた子供たち。シム子嬢もビクビクしていましたが、注射が大の苦手な13歳児も、顔色が真っ青になっておりました(笑)。でも、こっちの注射って、細い針で一気にブスっていくから、あまり痛くないですよね。子供の頃、昭和の時代に、学校の体育館で毎年撃たれたピストル注射(もう絶滅したらしい)とか、もっと痛かった記憶が。

とりあえず、全員予防接種も受けたし、このまま病気とか無しで、今シーズンも行きたいですね。

2 コメント

salie  

お早めに

しないよりした方が、絶対に良いのですが、もし接種されるのならば、
来年は、というか今年は、10月くらいにした方がいいですよ。
医療従事者は、強制的にワクチン接種させられますが、
9月の末から10月にかけてみんな打ちます。
というのは、接種してから、免疫ができるのに、2週間ほどかかりますんで、
すでに流行ってしまうと、打ってからも、免疫ができるまでに罹ったりします。
早め早めが、一番ですよ。

2020/02/01 (Sat) 15:52 | 返信 |   

ワキ  

To salieさん

Salie さん

例年は11月くらいに打つのですが、今年は南カリフォルニアへの転居があったりして、なんとなく伸ばし伸ばしにしてました…。ファミリードクターも見つかったので、今年は早めにやります!

2020/02/02 (Sun) 09:04 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です