カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

緑鹿さんビール Alexander Keith's India Pale Ale (Alexander Keith's)

Alexander Keith's India Pale Ale

アレクサンダーキース

カナダにきてLCBOに入り浸るようになった頃の疑問のひとつにIPAって何よ!?というのがあった。

AlexanderKeithIPA000.jpg
調べてみると、どうやら India Pale Ale の略称らしい。でもさ、Pale Ale って何だ?

Wikiによれば「淡色麦芽 ( pale malt) から醸造されたエールを意味していた」と書いてある。まぁエールなので上面発酵で、淡色の大麦麦芽で作られる苦くて濃い目のビールのことらしい。なんでIndiaってついているかって言うと、大航海時代にインドまでビール運ぶために多めの麦芽による高アルコールと濃い目のホップで腐敗を防いでいたからとかなんとかいうらしい。で、こいつが驚いたことに非常に美味かったのでビールのスタイルとして定着したというわけかな。

ま、オジさんの結論から言うと、苦くて芳醇で濃い目のブロンドから琥珀色のラガーじゃないビールのことですな!

AlexanderKeithIPA002.jpg
で、カナダでIPAといえばアレクサンダー・キース先生ですね!

AlexanderKeithIPA001.jpg
鹿さんのラベルがイカしてます!

AlexanderKeithIPA003.jpg
アルコール度数カナダ標準ど真ん中の5.0%。綺麗なブロンドカラーのビールです。まぁお味のほうは最初の頃は苦味もあって炭酸はラガーほどでもなく、上でペールエールの説明をしたまんまでパブとかで飲むエールってこんな感じなのねぇなんて思っていたけど、久しぶりに飲んだら「結構薄いんだな・・・」とか思ってしまった。うーん、もっとガツン&シミジミと効いて来るビールだったと思うのだけど、久しぶりのキース様は普通のイージードリンクビールだねという感じだった。オジさんの味覚はたぶんもう完全に破壊されているようだ。

0 コメント

コメント大歓迎です