カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

全てはここから始まった。

ねぇ、あなたって、洋服を捨てられない人だよね。 (ちなみに、靴も鞄も捨てられません)

と、以前からチクチク言われてきたのですが、ここに来て「さすがに、もう何年も同じ格好なのは、大人としてどうしたものか!」と、タンスからすべてのシャツ類を引っ張り出してきて、寝室にズラーっと並べ、「さて、ここから捨てても良いものを、選んでください」と。

いやぁ…そうは言われても、これは思い出だからさ…、、ということで、どうしても手放せなかったのがこちら。
20200219_100.jpeg
BassProShopsのTシャツ。お店の名前(街と州の名前)に、緯度と経度が入ったヤツは、記念品として、どこのバスプロショップスに行った時も、あれば一着買うようにしているのです。このデザイン、10年前は、どこのショップにもあったのですが、もう無くなって久しいですね。

どれも思い出が詰まっているので、やっぱ捨てない!捨てられない!と、キープすることにしたのですが、この中から一枚を選べと言われたら、やはりコレになりますな。
20200219_101.jpeg
トロントのBassProShopsのTシャツ。正確には、トロントにはなく、トロントから少し北に行った、Vaughan Mills というところにあります。『オンタリオ湖畔から』時代に、何度行ったことか(記事)。年末のアリゾナのバスプロショップスで、10店舗目の訪問を果たしましたが、そんなバスプロショップ巡りは、ここから始まったのでした。Tシャツに書かれた、『YOUR ADVENTURE STARTS HERE』という文字。ちょっと意味は違いますが、ワキ家の冒険も、ここから始まったのでした。

懐かしいなぁ。あそこのBassProShopsは、軒先に巨大なブラックバスの像がぶら下がっているんですよね。あぁ、行きたいなぁ。



0 コメント

コメント大歓迎です