カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

おでんを食べて、幸せな気持ちになりましょう。

コロナウイルス…。外出禁止の自宅引き篭もり生活になるにあたり、我が家の冷凍庫には幾つかの秘密兵器がストックされたのです。

その秘密兵器がこちら…。

ひっ…
ひっ……
ひみつへいき? (゚A゚;)ゴクリ

お、で〜ん!!
20200403_200.jpeg
そう!おでんです。おでんパック。アメリカでも日系スーパーや、韓国系スーパーの、冷凍コーナーで手に入ります。練り製品と出汁の素が入った、パックのやつ。追加でぶち込む練り製品系も、冷凍でたくさん売っていますしね。そこに大根と茹で卵を入れたら、コレですよ!コレ!

う、美味いでしょ〜!コレ!!

子供たちも、竹輪や卵は喜びますし、お父さんも大根にはんぺん、ゴボウ巻き。お酒も進んでしまいます。

これが外で仕事していて、ちょっとヘマなんかやらかしてボスに叱られた後なんかだったら、コップ酒とか飲みながら、大根つっついて「やってらんね〜よ!バカちんが〜!」なんてシチュエーションにピッタリなんですけど、現在の自宅缶詰悶々生活だと、「あ〜、仕事終わった〜」って、ベッドルームの隅っこに設置した仮設オフィスから降りてきて、ダイニングにぷわ〜っと漂う昆布出汁の臭いを嗅いだだけで「あ〜、おでん♪今日は、おでんなのね〜!ママ〜、とりあえずビールから!」ってな感じで、ホッコリと幸せな気持ちになれます。なれるはずです!

この隔離生活、おでんはオススメしたい一品ですね!

0 コメント

コメント大歓迎です