カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

ガス&IH 鍋焼きうどん。保存食の賞味期限が近づいてきた…。

このコロナ騒ぎが、いよいよヤバい局面に突入しそうだ…となったのは、3月の話だったと思います。その頃、第一回目のパニックBuyが発生し、スーパーから米やインスタントラーメンが消えていきました。その頃、日系スーパーMitsuwaで買って、「いざというときのために!」と食料庫の奥で眠っていたのが、こちら。
20200526_000.jpeg
コンロの火に直接かけて仕上げる、鍋焼きうどん。日本だと、コンビニのお弁当コーナーなんかにもありますよね。卵とか付いた、デラックスなやつ。こちらは、生麺が真空パックされて、日持ちするバージョンのやつで、具などは、あまりデラックスではありません。

「今日のお昼どうしよう〜」なんてブツブツいいながら、嫁が食料庫か発掘。賞味期限をみたら、もう少しで危ないところだったので、食べちゃおう!ということで、ランチはウドンになりました。昨日、蕎麦派だったわ!とかいう記事を上げておいてからの、うどん記事(笑)
20200526_001.jpeg
お湯を入れたら、直火でクツクツ。

この手のウドンは、昔よく夜釣りに持っていったものです。キャンプ用のガスバーナーと、水と、これがアレば、寒い夜の夜釣りも、宴に変身!!懐かしいなぁ。時間があったなら、バックヤードにキャンプ用グッズを出して、外で作りたいところですが、今日は時間が無いので、キッチンで。

スープの素と具材を入れたら完成!
20200526_002.jpeg
ここに、卵を落としたり、ネギを散らせば、デラックスな仕上がりになります。味のほうは、生麺タイプのカップうどんと、さほど代わりはないですが、直火で仕上げているので、熱々なのが良いところ。これなぁ…、冬の寒い時に食べたら、もっと美味しいでしょうね〜。

ごちそうさまでした。

0 コメント

コメント大歓迎です