カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

海外在住あるある?時々食べるお煎餅の、美味しいことったら。。

いかに、カリフォルニアが、日本食優遇地帯であるといっても、ここは海外。日常的に日本の食に囲まれて…というわけにはいきません。朝・昼・晩の基本の三食は、我が家の場合、家で嫁に作ってもらっているので、日本と大差無い米食中心の美味しい食事が出来ておりますが、お菓子やお茶うけなどの、おやつ・スナック類や、お酒のおつまみ類のラインアップが、違います。

そんな中、久しぶりに食べると、感動的に美味しく感じるもの。それは、おせんべい。やっぱり、日本に暮らしているときに比べると、日常的に醤油や餅に触れる機会が少ないのでしょう。たまに食べると、ものすごく鮮烈。しびれる美味さです。
20200527_001.jpeg
こちらは、三幸製菓の越後樽焼「ごま」。これ、好きなんですよ。醤油味もあります。醤油煎餅では無いですが、雪の宿なんかもいいですね。あと、煎餅にチーズをアーモンドの乗った、チーズアーモンドも、危険。あれは止まらなくなります。

こちらは、亀田製菓の揚一番。。
20200527_000.jpeg
亀田製菓といえば、柿の種揚一番には、昔からお世話になっております。柿の種とか、特売になっていると、ガッツリ買い込んじゃいます。袋で小分けになっているので、釣りのときとか、一袋非常食に持っていったりね。

これらの煎餅類は、中華スーパーや韓国スーパーでも、手に入れることができて、10年前のトロント時代から、我が家の海外生活には欠かせない一品。煎餅、サイコー!!

0 コメント

コメント大歓迎です