カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

息子が早起きした!お父さん、びっくりしたよ。息子と釣行。

先週末は、独立記念日絡みで、金曜日が休みのロングウィークエンド。しかしながら、コロナ感染者も増えつつあるカリフォルニア州。土日は、多くのパーティーピーポーが繰り出すのを防ぐために、ビーチはクローズ。金曜日の朝なら、まだ開いているみたいだという情報を元に、金曜の早朝に、ちょこっと繰り出すことに。

「もしかして、一緒に行きたい?」と、息子ちゃんに聞くと、「いいの?行きたい!」と言うではありませんか。しかし、出発予定時刻は、朝の6時。5時半には、起きて支度をしてもらわないといけません。行きたいと言っても、どうせ起きないんだろうな…と思っていたら、なんと!本当に起きてきて、お父さん、ビックリ。
20200703_000.jpeg
ということで、息子ちゃんと釣行してきました。

最初に向かったポイントは、駐車場を閉鎖していました。ぐぬぬ…。ここで釣りは諦めて帰宅という選択肢もあったのですが、せっかく早起きしたのに、簡単に諦めるのは、もったいない。色々と考えて、「あそこなら行けるかも」と、大きく移動。なんとかオープンしているポイントに辿り着くことができました。ただ、周囲のビーチが閉まっているからか、サーファーや、海辺を散策しに来た人たちで、駐車場は混雑していました。

お昼前まで、二人で攻めてスポッテッドベイバスが3匹と、まぁ釣果の方は、まぁまぁ…といったところでしたが、どれも良型で楽しかったです。

この夏から秋で、またコロナが爆発しそうな勢いなのが、心配です。

0 コメント

コメント大歓迎です