カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

ビールを彩る食卓第143 焼売 (゚д゚)ウマー

餃子、焼売、春巻き。

昭和生まれのお父さんにとって、中華三大惣菜アイテム。どれも甲乙つけがたいですが、春巻きが好き。でも餃子も焼売も捨てがたい。というか、中華点心行けば、全部食べられるしね!

で、今回、ビールを彩る食卓第143弾は、焼売です。

日系スーパーマーケットMitsuwaの冷凍食品コーナーで見つけた、横浜焼売という出来合いの冷凍焼売。ニッスイのシューマイとか、お弁当の王道惣菜ですが、焼売といえば崎陽軒のお膝元、横浜ですよね!横浜のハズレに長年住んでいた身としては、横浜焼売とか言うパッケージがあったら、ついつい買ってしまいます。
20200705_300.jpeg
うーん、美味しそう。

お味のほうは、駅やデパ地下で売っている、崎陽軒のお土産焼売みたいな感じ。なんかちょっと、懐かしい美味しさ。子供たちも、ちょっとテンション上がっています。家族4人で、一人4個だよ〜と言っているのに、ガンガン食べちゃって「もっと欲しい…」とおねだりしてくる子供たち(笑)。美味しいもんね、仕方ないよね。

DimSumなんかに行くと、2個くらいでお腹いっぱい!みたいな、超気合の入った美味しい焼売が食べられますが、このちっこいサイズの日本のザ・惣菜焼売、やっぱり良いですね。辛子醤油で、ご飯にもビールにもピッタリ。

ごちそうさまでした。

0 コメント

コメント大歓迎です