カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

赤鹿さんビール Alexander Keith's Red Amber Ale (Alexander Keith's)

Alexander Keith's Red Amber Ale

さて、今日のビールは赤キース様です。

AlexanderKeithRed000.jpg
これはアレクサンダー・キース先生のブランドの中でも一番好きなビールです。カナダNo1売り上げのRedは Rickard's Red (記事) という話だけれども、オジさんのはコッチのほうが好き。鹿のラベルも格好いいしね!

AlexanderKeithRed001.jpg
外で飲んでいるとき、どりあえずオンタップで何がある?と聞いて、トロントローカルビールやオンタリオローカルビールがない場合、オジさんはいつも反射的に「hmm.. Keith red, please!!」と言ってしまうのです。

AlexanderKeithRed002.jpg
アルコール度数はずばりの5.0%、名前のとおりの美しいアンバーレッドカラーのレッドエール。かすかに甘く香る香りに、やさしくフルーティな口当たり。常飲用の赤としてはキツ過ぎず、ライト過ぎずいいのではないでしょうか。この手のレッドエールは日本では全然飲まなかったので、結構新鮮でした。その後ディープなマイクロブリュワリー道にはまっていったら、いろいろ個性的で唸らせられるようなビールがたくさん出てきて、この赤キースに新しい発見とか感動はなくなってしまったのですが、オジさんの中では、可もなく不可もなく落ち着くスタンダードなビールというポジションを確立してますね。

0 コメント

コメント大歓迎です