カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

強そうなビールNo1 Mill Street Tankhouse Ale (Mill Street)

Mill Street Tankhouse Ale

MillStreetTankHouse000.jpg
今日は朝から雪が舞って寒いですね・・

そんなつもりではないんだけど、だんだんオンタリオ産ビール紹介ブログの様相に…まぁ日々会社勤め残業続きの何の新鮮な発見も驚きもない生活なのでこうなっちゃうのは仕方ないよねぇ。

で、まだまだまだまだ続くMill Street シリーズ。なぜっかっていうと、LCBOで Mill Street Brewery アラカルトセットを買ってしまったからさ!

MillStreetTankHouse001.jpg
Mill Street Tankhouse Ale。タンクハウスエール。MillStreetブランドの中では一番人気のエールのようだ。なんかタンクハウスって強そうだよね。醸造タンクのことだろうけど、なんでか『タンク』って聞くと戦車とかのイメージが浮かんじゃって、すげぇ強そうなビールだよなぁっていうのが第一印象。飲む前のね。

5種類のモルトを使用した風味豊かなビールで、見た目どおりホップの苦味も適度に効いていて、ネットの評判をみても軒並み評価が高い。まぁ苦味も風味もバランスが良いんだろうな。こっちの人には。

MillStreetTankHouse002.jpg
アルコール分5.2%。エール的には軽くてライトな飲み口のダークエールってことだけど、そこそこ苦味もアロマも効いた正統派エールだと思うな。で、オレはビールは目の前にあるだけ飲んじゃう典型的ダメ男タイプなので、赤や茶色系は最初ライトで苦味が後からくるうが量飲みやすくて好き。たからキースのレッドとかのほうがガブガブいけて好みだけど、まぁこれも嫌いじゃないな。

あっ!要はその日の気分なだけだわ。

意外とカナダはラガービールじゃなくてペールエールとかホップの切れとかでなく、まったりじっとりアロマと苦味が効いてくるタイプが多いよね。イギリス連邦だからかな。こっちに来る前はバドとかクアーズとかミラーとかアメリカンビール三昧になるのかと思ってたけど。

ocb.jpg
Mill Street Brewery はOntarioCraftBrewersのひとつ。

0 コメント

コメント大歓迎です