カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

肉もってこい! Mill Street Barley Wine (Mill Street)

Mill Street Barley Wine

先週1週間かけてマラソンしてきたトロントの誇る Mill Street Brewery シリーズの締めくくり(?)。ちょっと豪華なボトルのMill Street Barley Wine

BarleyWine2009000.jpg
Barley Wineってそのまま訳すと大麦ワインか。アルコール度数11%。
この手のハイアルコールビールは過去何度か飲んでいるけどもはやビールじゃないんだよな…感触が…ホッピーに焼酎の代わりにウィスキーぶち込んだとまでは言わないけど、なんか麦がブランデーのように香る弱めのウィスキーみたいな不思議な飲み物なんだよな…
その日の気分はあんまり乗り気じゃなかったんだけど、嫁がなんだかこのCHINAで出来たような容器につられて『飲みたい』『飲みたい』というのでトライ。

BarleyWine2009001.jpg
まず瓶の開け方わからなくてちょっと手間取った(笑)。

無事開封された瓶からはやはり泡の立たないアンバーレッドのトロンとした感じのヤツが。これは高アルコールビールならではアロマが。それはそれで悪くないんだけどね。

BarleyWine2009002.jpg
うむ。お味はやはり濃いアロマとアルコール刺激のハイアルコールビールそのまま。ホップのキレはなし!!まぁこのビールで喉越し最高!グッビグビ!ってやったら一撃泥酔だけどね。
で、思ったんだけど、このビールのアルコール刺激やこのビールの醸し出すまたっりした大人の態度にはアレだ!アレ!!牛だよ!牛!!ビーフってやつ。血の滴る牛肉ステーキとかにはとっても合いそうだと思う。
この日の夕飯はミートローフだったんだけど、このビールにミートローフはダメだな。弱すぎる。さすがの『地獄のロックライダー』ミートローフ様でもこいつには勝てん。こいつにはアンガスビーフレア1ポンド!とかじゃないと対抗できん。

まぁこれはその名の通りBarley Wineだね。ビール!ビール!喉乾いた!ビール!ビール!とにかく!とりあえず!すぐビール!!!って感じで飲む酒じゃないとすれば、それはそれで悪くはない。酔うけど。

ocb.jpg
Mill Street Brewery はOntarioCraftBrewersのひとつ。

0 コメント

コメント大歓迎です