カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

薫るライトビター Arkell Best Bitter (Wellington Brewery)

Arkell Best Bitter

さて今宵のオンタリオビールはトロントの北西、ゲルフ市にある Wellington Brewery から
WellingtonArkellBestBitter000.jpg
Arkell Best Bitter の登場です。

WellingtonArkellBestBitter001.jpg
かのナポレオン1世を破ったウェリントン卿、相変わらず凛々しいお姿でございます。Arkellとはブリュワリーのあるウェリントン郡にある町の名前みたい。

WellingtonArkellBestBitter002.jpg
アルコール度数4.0%の琥珀色をしたビター。グラスにから香る芳香がとても良い。サワーブレッドのような酸味の効いた穀物の香りに焙煎系キャラメルアロマ。口当たりは、アルコール度数4.0%というサッパリライトなのだけど、ボディそのものは少しモッタリしたミディアム。苦味や甘みも主張せず、ライトビールなのだけど香りはとても主張してくる。酸味混じりの後味に、鼻に抜ける程良くトーストされたモッチリとしたパンのような香りがとても良い。なかなかの一品です。

ocb.jpg
Wellington Brewery はOntarioCraftBrewersのひとつ。

0 コメント

コメント大歓迎です