カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

アルゴンキンでバーガー!

さて、先日のアルゴンキン紅葉狩りの時のこと…ウエストゲートから出てしばらく走ったDwightの町にある、前からちょっぴり気になっていたこの田舎の場末のバーのようなレストランに突撃!
20101010_200.jpg
もうねぇ…みるからに飲んだくれのオッサンしか立ち寄らないような感じでしょ?

そしたらココ、とってもオジさん好みな内装ではあーりませんか!
20101010_201.jpg
もう何がいいって、この装飾!レトロブリキ看板だらけです。

20101010_202.jpg
このメキシコ産の塩と胡椒の空き瓶で造られているのは…

20101010_203.jpg
店のシャンデリア。塩の瓶で作られたシャンデリア…ウィスキーボトルとかならまだ良かったが、塩の瓶って…チープだ。とてもチープだ。イカす。

さてさて、料理の方は…
20101010_204.jpg
本日のスープはオニオンスープです。冬が近づくと食べたくなりますよねぇ。

20101010_205.jpg
嫁と4歳児はBBQポークのサンドイッチ。このポークがなかなか美味しかった模様。4歳児もムシャムシャ行ってました。

20101010_206.jpg
オジさんは…やはり基本初めての店では店の名前のついたシグネチャー・バーガーですな。どこの店にも大概あるよね。ベーコンも乗せちゃってハイカロリーバーガーです。

20101010_207.jpg
全ての具を挟んで・・・ケチャップとかマスタードとか塗って…完成!!ここのバーカーも美味しいなぁ。この100%ハンドメイドと思われる不恰好なパテがウマいし、ベーコンも入っているのに全然重く感じない。(→オジさんの体がそういう体に変化した説が有力ですが…)やはり「バーガーにハズレなし!」である。

さて、ここからしばらく店内の看板シリーズ
20101010_209.jpg
ドクターペッパーの看板

20101010_210.jpg
こっちの看板はカヌーブランドのモノかな。スモールマウスバスを釣っていますね…

20101010_216.jpg
このSLEEMANの看板渋いわぁ。新興の Lake of Bays Brewing Company (記事) の看板もあります。なんか凄いプロモーションしているようでムスコカ地方の町のいたるところでこのLBのロゴを目にしました。

20101010_211.jpg
これはムスコカブリュワリー!(記事) 現行商品とは全く違うラベルデザイン…欲しい…この看板欲しい…

20101010_212.jpg
これは!アルバータ州の Big Rock Brewery!(記事)

20101010_215.jpg
これはなんだろう。雑誌か?いや、もしかして散弾?

20101010_217.jpg
キング・エルビスです。

20101010_214.jpg
でた!!ヘドン!!!いい!とってもいい!

20101010_213.jpg
このフルーガーの看板も欲しいなぁ…いいなぁ…

20101010_208.jpg
カントリーロ~ド♪

やっぱりオジさんはあまり観光客が来ないようなど田舎でマイナーな地域や州立公園が好きです。もっとディスカバーしないと。

The Cookhouse Saloon
2881 Hwy #60,
Dwight, Ontario, Canada

0 コメント

コメント大歓迎です