カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

自主隔離。ただただコンビニ飯を食べ続ける毎日でした。

濃厚接触者の自主隔離中、食事は毎回ホテルの下にあるコンビニのご飯で済ませていました。ちょっと外に出て、お弁当屋さんや、牛丼屋でテイクアウトという手もあるのですが、3連休の週末は、恐ろしいほどの人混みなので、なんとかソレを避けようとすると、他に選択肢も無く。

最初のうちは、コンビニのオニギリとか、サンドイッチに美味しい!美味しい!って食べていたのですが、さすがに飽きてきたな〜という所で、投入されたのがコチラ。
20220721_202.jpeg
ペヤング〜!

ホテルの部屋に電気ポットが付いていたのです。さすが日本のホテル!お茶を淹れるために、ポットがあるのは本当に嬉しい。これがアメリカだったら、ちっこいコーヒーメーカーだったことでしょう。。

アメリカでも、『明星 一平ちゃん夜店の焼そば』と『明星 一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味』は売っていますが、ペヤングは無いんです。カップ焼きそばは、ペヤング派の私には寂しい限り。。
20220721_203.jpeg
これこれ!学生時代、よく食べたわ〜。

う〜ん、変わらぬお味。お湯を切る時に、少〜しだけお湯が残る感じにして、ソースをよく絡めて。そして最後にかけるスパイスが、また良いんですよね〜。アメリカでも売ってくれないかな。ペヤング。

こんな毎日を数日間続けておりましたが、コレなぁ…。発症していない濃厚接触者なので、完全防備でコンビニに徒歩で買い物に行くとかできましたが、それでも結構詰んだな…って感じでした。これが、一人暮らしでコンビニも遠く、しかも発症しちゃってたりしたら、完全に詰むよなぁ。

ごちそうさまでした。

0 コメント

コメントはこちら