カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

日本って、ベジタリアンには少々キツイ国だと思った@ 家系ラーメン屋 in Tokyo

よし、ラーメン食いに行くか。

今回、4年ぶりの帰省となったティーンエージャーボーイ。「日本に行ったら何を食べたい?」という質問に、真っ先にでてきたのが、家系ラーメン

たしか彼は味噌ラーメン派だったはずなのですが、家系ラーメンが食べたいのだそうです。

二郎系とか言われなくてよかった。。あれは、お父さんお付き合いできないからな。
20230403_200.jpeg
ということで、スカイツリー近くの壱角家へ。

カウンターだけの小さな店舗でしたが、お昼時ということもあって、賑わっておりました。

ティーンエージャーボーイ、フルトッピングとか行くのかなぁ…と思って見てましたが、油普通、味濃いめの、チャーシュー麺にしたようです。
20230403_202.jpeg
念願の家系ラーメンを食べて、旨い〜!とご満悦。

たしか壱角家って、成田空港(第1ターミナル)にもありましたよね?でも、飛行機に乗る前に、ガッツリラーメンはちょっと気持ち悪くなっちゃいそう…。

お父さんも、最近は日本に来る度に、コチラのラーメンを食べて、胃腸年齢を自己測定しております(笑)。
20230403_201.jpeg
うん。旨い。美味しくこれをいただけて、スープも半分は飲めたので、まだまだイケるってことだな!途中でニンニクも投入したしね。

そういえば、食べていると、我々の後ろにあった食券販売機の前で、外国人女性がなにやら困った様子。

「お手伝いしましょうか?」と声をかけると、「英語OK?お願いします」と。聞けば、To Goのランチを買いに来たんだけど、旦那さんがベジタリアンだそうで…

ベジタリアンか…。しかもビーガン。

店員さんに相談しましたが、基本的には焼き海苔や白米くらいしかチョイスがありませんでした。

以前、カナダ時代のチームメイトがベジタリアンで、出張に連れてきた時に、外食でかなり苦労した記憶があります。基本的に、出汁にどうしても動物系のものが入ってしまいますし、特に大衆食堂には、100%昆布オンリーです!みたいなのってあまり無くて、店員さんに「出汁や調味料も大丈夫ですか?」って聞くと、「ちょっと分からない…」って。ちょっといいお店で、板さんに直接カスタムオーダーできれば違うのでしょうけれど、どこかで動物系由来の油とか出汁成分が紛れている可能性があるので、チャレンジング。

欧米なら、どこのお店にもベジタリアンメニューが用意されている事が多いですが、日本はまだまだですものね。しかもここは家系ラーメン屋だし…。なんでよりによって、ココを選んだのか(笑)。

お別れ際に「日本は、ベジタリアンには少々キツイ国かも知れないけど、楽しんでね〜」と声をかけると、オーストラリアから来たというその女性、「旦那はそうだけど、私はベジタリアンじゃないから全然大丈夫!」って、にっこり笑っておりましたが、ラーメン楽しんでいただけたのかな。

満腹になったので、川沿いの桜を愛でながら、少しお散歩です。
20230403_203.jpeg
ごちそうさまでした。

本日も当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。↓ブログランキングに参加中です。ポチッとクリックして応援していただけると、ランキングポイントが入ります。ブログを更新する大きな励みになります。よろしくお願いいたします。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

0 コメント

コメントはこちら