カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

突撃トロント・ビールパブ! Duggans Brewery

さて!先週末のこと、前から行ってみたかったトロントダウンタウンのブリュワリー Duggan's Brewery に突撃してきました!真昼間から!

DuggansBrewpub000.jpg
場所はヴィクトリア x リッチモンドの近くです。

DuggansBrewpub001.jpg
Duggan's といえば今年からLCBOなどでも小売りされている、ペールエール Duggan's No. 9 IPA (記事) ですね。

DuggansBrewpub002.jpg
9はレシピナンバーかな。

DuggansBrewpub003.jpg
たくさんの"9"の瓶が並んでいます。

さて!一杯目は…
DuggansBrewpub004.jpg
No17 Czech Pilsener。とりあえずピルスナーで攻めてみましたが、これはアンフィルターですね。濁ったゴールドのボディに、軽い穀物の香り。濁っている分ライトミディアムボディといった感じで、ピルスナーならではの酸味と軽い苦味、飲んだあとの鼻に抜けるモルトの香りが凄く良いです。苦味とキレのピルスナーとはまた違った感じでナイス。

DuggansBrewpub005.jpg
嫁の一杯目チョイスは、今出ているヤツのなかで一番ライトだというNo5 Sorachi Lager。アルコール度数は4.0%の模様。ソラチ・ラガーって日本のホップ、ソラチエースを使用しているということらしい。こちらは透きとった薄金色の爽やかラガー。ライトだけど水っぽいわけではなく、ちょっと米にも似たモルトの香りに、うっすらビターでこれも良いです。

DuggansBrewpub007.jpg
さてお代わり!お代わり!No13 Weissbier。これは口当たりはミディアムボディの典型的なヴァイスビアでしたが。かなりスパイスが効いていて鼻に抜ける白ビール特有の香りが主張してます。一口試した嫁は「この香りは…毎日香?」とか言ってました…

DuggansBrewpub006.jpg
そしてコレは、No12 Ontario Ale。オンタリオエールってなんか良い!オレンジ色、飲んだ感じは軽めのビターにも似たペールエールでした。"9"とは対照的に、ライトで軽いペールエール。嫁が気に入っていました。

オツマミには、4歳児も大好きなピザをチョイス。
DuggansBrewpub010.jpg
実はパブ飯ピザってことであまり期待していなかったのですが…

DuggansBrewpub011.jpg
焼き立てピザ、美味い!美味い!美味~い!
かなりイカした侮りがたいピザでした。薄生地に熱々モッツァレラ、チョリソー、ベーコン&パプリカ。とろけるモッツァレラと、チョリソーの辛味が金色系のビールとマッチして最高!真昼間から最高!と盛り上がるオジさんと、ピザ好き4歳児。

DuggansBrewpub008.jpg
このタンクたちの中で、ウマビール達が醸造されているのですな。

DuggansBrewpub009.jpg
ダブルIPAが品切れだったのが残念だったけど、満足。満足、大満足。ブリューパブは4歳児も居るので、なかなか敷居が高く、まだ全然探検できていないのですが、真昼間なら4歳児連れでもなんとかなりました。でも、ハイチェアとかブースターチェアとかは無くて、高椅子だったので4歳児未満はちょっと難しいかもしれません。

次は何処に突撃しようかなぁ。

Duggan's Brewery
75 Victoria St.
Toronto, Ontario,
M5C 2B1 Canada

2 コメント

gyogyojin  

へぇ~、ソラチスターのソラチは北海道の空知(そらち)のことなんでしょうか?色々勉強になります。

そういえば、北海道の空知地方や十勝地方に釣りに行った時、たまに野生のホップを見かけたのを思い出しました。。

2010/11/19 (Fri) 14:21 | 返信 |   

ワキ  

gyogyojin さん

たぶん空知のことで間違いないです。
JapanStyleってなんだろうと思って調べたら、空知のホップ使用!ってことでした。
美味しかったでっす!

2010/11/20 (Sat) 14:27 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です