カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

トロント・オジさんライフ 洗車編

さて、なんとなく初めてみたトロント、オジさんライフ情報。

今日はたまーに聞かれることのある、トロントでの車の洗車に関して書いてみましょう。オジさんは基本的に機械洗車。前の家に住んでいたときには、地下の駐車場にコイン洗車場があったので、たまに自分で洗っていたけど、最近はもっぱら機械洗車専門です。

で、どうやって洗車するかというと、まず洗車機のあるガソリンスタンドに行きます。
LivingTorontoW_000.jpg
で、普通に機械にクレジットカードを入れて、ガソリンを入れます。

ガソリンのグレードを選ぶ前に、洗車しますか?と聞いてきますので、そこで「Yes(Oui)」を押します。
LivingTorontoW_001.jpg
すると、いくつかグレードを選べるので、好きなグレードをチョイス。値段は写真の通りです。

LivingTorontoW_002.jpg
で、ガソリンを普通にいれて…最後にレシートが出てくるのですが、そのレシートに洗車番号がプリントアウトされてでてきます。今回は 60690 ですね。洗車料金はガソリン料金に上乗せされています。

ガソリンを入れない場合は、カウンターにいって洗車したい!「car wash please!」と言えば、その場で料金を支払い、同じようにレシートをくれます。

そしたらレシートを力強く握りしめて、洗車機の入り口に車を進めます。
LivingTorontoW_003.jpg
タイヤレールに慎重にタイヤを乗せたら、あとは洗車場の入り口にある装置にレシートにプリントされた番号を入れればOK!この時にはギアをニュートラルに入れておきます。あと、サイドブレーキ引いたりしないでね♪前に進まなくなっちゃうから。

さて、そのあとはただベルトコンベアーで車が運ばれていくのみ。
LivingTorontoW_004.jpg
ここで忘れずに窓を閉めてください。オジさん、一度、番号を入力した後に窓を閉めるのをすっかり忘れていて、大惨事になりました。

LivingTorontoW_005.jpg
ショッパー

LivingTorontoW_006.jpg
ジョッパー

LivingTorontoW_007.jpg
ジョボ!ジョボ!これは最高グレードのULTIMATE+の時のお楽しみ、カラフル洗剤&リンスです。

LivingTorontoW_008.jpg
ジャバーン!と大量の水で一気に流します。

LivingTorontoW_009.jpg
ブワーン!と巨大なドライヤーで一気に水の分子を吹き飛ばして…

LivingTorontoW_010.jpg
完了!すっきりしました!
たまに自分で前にのろのろ運転して進んでいくタイプの洗車機もあります。オジさんはこっちのオートのほうが、楽チンで好きです。

LivingTorontoW_011.jpg
ついでにバキュームで車内も清掃しましょう。
夏秋の釣行のせいで、足下のマットの裏とかに大量の砂と枯れた草とかが溜まっていました。バキュームは2ドルなり!ブワーんと一気に吸い取ります。この装置の隣にはタイヤの空気入れもあります。

LivingTorontoW_012.jpg
綺麗になった車の窓からみるダウンタウンは、いつもよりくっきり…している気がします。

これからの季節は積雪、そして除雪剤で車がガビガビに汚れる洗車のシーズンですね。あ!ウィンタータイヤにしに行かないと!

2 コメント

yuki  

おーーーーっ、懐かしい(T_T)
とにかく懐かしいです。
ガソリンを入れた後、こんな洗車機で洗ってました。
その後、バキュームで室内も。。。
アメリカンですね。
カナダの時は冬は-30℃で洗車機の出口(ブロアー)のところは水が凍結して、スリップしてなかなか出られませんでした。(>_<)
ちなみに、ここイギリスは手洗い洗車が主流です。

2010/11/22 (Mon) 04:19 | 返信 |   

ワキ  

yuki さん

こんにちは。
この大味な機械で、意外とピカピカになるから凄いと思いました。
出口が凍結していたらヤバイですね!これから凍結の季節、昨年は雪が少なかったので良かったのですが、今年は降りそうでちょっとブルーです。

2010/11/22 (Mon) 13:40 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です