カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

サカナ三昧の実家ご飯に舌鼓。

いただきます。

仕事で日本に行くときは、一度は日本の実家に顔を出し、母の美味しい手料理をごちそうになるのが、ワタクシの定番パターン。

この日も、色々と出してくれました。
20240205_000.jpeg
豪華な夕餉でございます。

酒飲みのワタクシのために、いつも何か前菜を準備してくれるのですが、今回はコレ。
20240205_003.jpeg
エシャロット。家庭菜園でとれたラッキョウ。若いうちに摘んだラッキョウに味噌をつけて食べる、ワタクシの大好物でございます。沖縄の島ラッキョウとか、大好き。

そして、ふろふき大根
20240205_006.jpeg
こりゃ、ビールが進みますなぁ。

こちらは、おふくろの味の定番メニュー、肉じゃが
20240205_001.jpeg
ホックホクのじゃがいもも良いですが、味の染みた白滝も好き。確か、我が家のティーンエージャーも小さい時、おばあちゃんの肉じゃがに入っている白滝が大好きで、よく食べていたなぁ。

お刺身は、近所の鮮魚店で買ってきてくれた、鮪とシマアジ。
20240205_004.jpeg
ワタクシが子供の頃からやっている、町の鮮魚店。まだ頑張って営業しているどころか、テレビとかでも取り上げられて、大繁盛とのこと

20240205_005.jpeg
うん。美味しいですね〜。特にシマアジは、アメリカでは珍しいので、なおさらです。

煮魚は、カレイ
20240205_002.jpeg
赤カレイの煮付けです。身がほくほくで煮汁がよく絡んでいて、非常に美味しいです。

ワタクシが子供の頃から、釣るのも食べるのもサカナが好きなので、いつも振る舞われる料理はサカナ三昧。お刺身、煮魚ときて、最後に焼き魚が登場しました。

立派なサイズの真イワシ
20240205_007.jpeg
脂のノリが凄いです。イワシというか、青魚の脂は独特の風味もあるので、苦手な人は苦手かと思いますが、コレがアメリカではなかなか食べることの出来ない日本の風味!なのですね。青魚は海外ではあまり一般的ではないため、この風味は日本独特のもの。ワタクシにとっては、故郷の風味でございます。

いやぁ、いつもありがとうございます。今回も美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。

本日も当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。↓ブログランキングに参加中です。ポチッとクリックして応援していただけると、ランキングポイントが入ります。ブログを更新する大きな励みになります。よろしくお願いいたします。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

0 コメント

コメントはこちら