カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

火山の国の強力スタウト Lava, Smoked Imperial Stout (Olvisholt Brugghus Ehf.)

Lava, Smoked Imperial Stout

さて今宵のビールは、今年のLCBOの冬いちおし商品(2010 winter warmer) のひとつ、アイスランドからやってきました
LavaSmokedImperialStout000.jpg
Lava, Smoked Imperial Stout です!Olvisholt Brugghus Ehf. というブリュワリーの製品のようです。

LavaSmokedImperialStout001.jpg
オジさん、アイスランドに憧れているんですよね。なんとなくアイスランドっていう響きが良いなぁって。アイスランドのビールは初めてです。ドキドキ。

ブリュワリーのHPで確認すると、このLava(溶岩)というビールは、そもそもスウェーデン市場向けに開発されたビールだそうです。で、ラベルの火山のデザインは、Olvisholt ブリュワリーから見える、ヘクラ山(Hekla)というアイスランドの火山の噴火の様子だそうです。火山の国だもんねぇ。

LavaSmokedImperialStout002.jpg
アルコール度数9.4%の茶色い泡の真っ黒スタウトです。9.4%もあれば暖まりますわね。香りは焙煎コーヒーモルトで、口当たりフルミディアムボディでとてもスムーズ。で、ビックリしたことに、飲んでみると鼻に抜けるスモークアロマは…ブルーチーズのようなリッチな芳香。強アルコール、太めボディ、リッチアロマと西洋人が好みそうな、気合の一本です。これには野性味溢れるハムとかサラミが合いそうだ!と、冷蔵庫にあったカリブー肉のサラミと合わせましたが、これはイカす!イカしてました!この手の太いスタウトには、本当に肉が合いますねぇ。あとチョコレート。

0 コメント

コメント大歓迎です