カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

郷愁を誘うペールエール St. Peter's English Ale (St. Peter's Brewery)

St. Peter's English Ale

さてさて、本格的な冬到来でマイナス10℃を超える寒さのトロントですが、オジさんのビール熱は止まりません。今日は世界のビールです。United Kingdom の St. Peter's Brewery から,
StPetersEnglishAle000.jpg
St. Peter's English Ale の登場です。

StPetersEnglishAle001.jpg
この500mlボトルの感じが素敵ですよね。

StPetersEnglishAle002.jpg
アルコール度数4.5%のゴールデンカラーのビール。香りはシトラス&ホップ混じりのムギムギ。口当たりは、シトラスの感じにホップの苦味。ライトなペールエールと言ってしまえばそのままなのだけど、なんだろう…凄く日本のラガービールの感じに近い味がします。居酒屋のアサヒやキリンを思い出させる味です。とくに口の奥を刺激する苦味と、ボディの感触が郷愁を誘います。うーん。なんだろう…この感覚…

2 コメント

wocean  

やっぱりワタシには難しいベールの説明をありがとうございます。
もう一つのほうも飲みました??私は赤のほうが好きでした。
この簿とつ本とかわいいので、綺麗に洗って何かに使おうと企んでいます。

2010/12/11 (Sat) 00:03 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

wocean さん

赤いのもバッチリ冷蔵庫に眠ってますよ!

2010/12/11 (Sat) 14:16 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です