カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

久しぶりのグリークタウン Omonia Restaurant

さて、仕事納めはまだ先の貧乏暇なし戦う日本のサラリーマン。ボクシングデー明けの月曜日もオフィスに突撃し、陽も落ち始めた頃に帰宅。せっかくだから何か外食しに行くのだ!と宣言したものの…、オジさんも嫁もこの寒い中是非行ってみたいのです!というようなスポットはなく…
GreekOmoniaRestaurant000.jpg
仕方ないので、なんとなくグリークタウンに来てみました。電飾が年末ムードを盛り上げます。実は、グリークタウンに来るのは2年ぶりくらいではないかな…

4歳児が車の中で爆睡してしまったので、4歳児を抱えながら爆睡する4歳児連れでも気軽に入れそうなグリークレストランを探していると、
GreekOmoniaRestaurant006.jpg
親子連れで賑わうレストランを発見。突撃!

GreekOmoniaRestaurant007.jpg
チェスター駅から1ブロック西にある、Omonia Restaurant というレストランです。

さて、4歳児は本気睡眠モードに入ってしまったらしく、起きる気配もないし起こしたら泣きわめくのでソファのあるテーブルにしてもらい、そのまま寝かせておくことに…
GreekOmoniaRestaurant001.jpg
両親は、とっとと夕飯開始です。パンに付いているオリーブのディップが美味しくて、パンでお腹が一杯になりそうです。

GreekOmoniaRestaurant002.jpg
まずは、オジさんがギリシャに行ったときに場末の食堂で試したところ非常に美味しかった、エッグプラント・ディップを前菜に。これ、ツナマヨのような食感でとても良いんです。

GreekOmoniaRestaurant003.jpg
メインはオジさん、バカラオ。ポルトガル料理だと思っていたのですが、ギリシャにもあるようです。塩漬け鱈をフライにしたモノで、一度食べてみたかったのですが、なるほど…肉厚のしっかりした干物を油で揚げたような感じです。今度はポルトガル料理店でも試してみたいですね。

GreekOmoniaRestaurant004.jpg
そして嫁はスタッフド・ラム。てっきりラム肉にピラフか何かを詰めたものが出てくるかと思ったら!

GreekOmoniaRestaurant005.jpg
パイ生地にラムや野菜が詰め込まれているモノでした。へぇ。

いやぁ、お腹一杯です。

Omonia Restaurant
426 Danforth Ave.
Toronto, ON M4K 1P3
(416) 465-2129

0 コメント

コメント大歓迎です