カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

姫鱒のビール Kokanee (Columbia Brewery)

さて!今回のビールは、ブリティッシュ・コロンビア州から
Kokanee000.jpg
Kokanee (web)の登場です!カナダのビールではかなりの有名どころですが、オジさん何故か初トライ!探していたんだよね。西カナダではどこでも手に入るようですが、トロントのLCBOではそんなに見かけないかな。

Kokanee001.jpg
Columbia Brewery は1898年創業のブリュワリーですが、1974年にラバットの傘下になっています。それまではこのビールもローカルビールに過ぎなかったのですが、ラバットの傘下になってから、盛大なキャンペーンとマーケティングで全国区のビールに成長したとのこと。
Kokanee とはヒメマスのことです。(オジさんも gyogyojin さんのブログで知るまで知らなかった)。魚の名前のついたビールなんて心躍ります。

Kokanee002.jpg
アルコール度数5.0%の薄金色のラガービール。香りはほんのり甘いムギムギイーストとコーンの香り。飲んでみると、軽やかな甘さが心地良いです。鼻に抜ける香りも爽やかで、量販ビールにしてはなかなかのモノだと思います。ボディはとてもライトで、キンキンに冷やすとフレッシュ&クリスプな飲み心地とフィニッシュが良い感じです。テイストとしては北米系の量販系ビールに近いのですが、嫌なメタリックな感じや妙に水っぽいという感じではなくて、ライトなのですがソレがフレッシュな持ち味になっているという、良いビールだと思います。なんというか、このラベルのイメージそのままですね!

0 コメント

コメント大歓迎です