カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

グルテンフリービール Nickel Brook Gluten Free (Nickel Brook/Better Bitters Brewing)

Nickel Brook Gluten Free

さて、今日のビールは、オンタリオビール!Nickel Brook ブランドから
NickelBrookGlutenFree000.jpg
度派手な缶の Nickel Brook Gluten Free です。

NickelBrookGlutenFree001.jpg
Gluten Free 。
グルテン…といえば、ヘラ鮒釣りの餌(笑)?いやいや、小麦などに含まれるタンパク質のことです。
グルテンフリーの食品は、グルテンアレルギーの人たち向けの食品群ですね。ケベックの Microbrasserie Nouvelle-FranceLa Messagere (記事)とかも、そういうアレルギーの代表的な病気、セリアック病の人向けのビールでした。アレルギーでなくても健康志向の人の中には、グルテンフリー食品専門の人もいるみたいです。

NickelBrookGlutenFree002.jpg
アルコール度数5.8%の濃い目の黄金色のビール。香りはちょい柑橘系にモルトかコーンかみたいな香りがうっすらとしますが、ちょっとべとついた感もあります。そして飲んでみると、さすが Nickel Brook という酸味。きつい酸味ではないですが、柑橘系の酸味に、口の奥にくるのはローカロリービールやノンアルコールビールっぽいエグ味。うーん…材料はなんだ?と見てみると、甘味料などに混じって…Pearジュースと書いてある。洋梨のジュースか!それを発酵させたのか、それを混ぜたのか知らないが、やるなぁ。Nickel Brook。
オジさんは、グルテン有りがやっぱり良いので、人にオススメはしないけど、一度試してみるのはいいかも。

ocb.jpg
Better Bitters Brewing CompanyもOntarioCraftBrewersのひとつ。

0 コメント

コメント大歓迎です