カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

バトル・オブ・ブリテン Spitfire (Shepherd Neame)

Spitfire

さて今日のビールはイングランドから
SpitfirePremiumKentishAle000.jpg
Spitfire です!

SpitfirePremiumKentishAle001.jpg
イングランドのスピットファイアといえば、イギリス空軍の傑作レシプロ戦闘機。オジさんたちにはたまらない響きです。

このビールは1990年に、バトル・オブ・ブリテンの50周年記念として、バトル・オブ・ブリテンを勝利に導いたスピットファイアの名前を冠して作られたビールだそうな。

子供の頃見た図鑑や松本零士の戦場漫画シリーズで、メッサーシュミット対スピットファイアのシーンとか出てくるとドキドキしたものです。フォッケウルフとかドイツ軍の戦闘機のほうが好みではあるのだけど、イギリス空軍(The Royal Air Force)の、射的の的みたいな紋章が格好良いんだよなぁ。あっ!そうか!このラベル、空軍の紋章の3色、紺・赤・白を使って作ってあるのか!

SpitfirePremiumKentishAle002.jpg
アルコール度数4.5%の褐色のペールエール。苦味の感触のあるホップと焙煎系モルトの心地良い香り。口当たりは意外とライトで飲みやすい。苦味太めのジューシーペールエールと比べると、ジューシーではあるけれど軽めのボディで飲みやすくフィニッシュもスッキリドライ。太いペールエールはビール好きじゃないと、なかなかキツかったりするので、そういう人にはこのエールは良いかも知れません。おツマミもいろいろ合わせられそうだし。モルトとホップの良い香りが飲んだ後にも気持よく鼻に抜ける、大変飲みやすいペールエールです。

0 コメント

コメント大歓迎です