カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

オジさん念願のブリューパブへ行く C'est What?

さて先日、セントローレンスマーケットまで散歩した帰り、遅いランチに突撃したのは…
CestWhat000.jpg
フロントストリート沿いにある、C'est What?

CestWhat004.jpg
ここはオジさんが、前からずーっと行きたい行きたいと思っていたブリューパブなのです。休日の昼下がりなら子連れでも大丈夫だろうと突撃。

CestWhat001.jpg
店は地下にあります。扉を開けると、壁にはカナダのローカルブリュワリーの看板が並びます。イイ!

CestWhat002.jpg
今はトロントのアムステルダム傘下にある KLB (Kawatha Lakes Brewery) の看板。ジブイ!イイ!

CestWhat003.jpg
バーカウンターの奥にある沢山のタップ。これすべてオンタリオ産のビールのタップです!タマラナイ!!イイ!!!ここで働きたい(笑)!
オンタリオのクラフトビールのなかでも、シブイビールがタップで飲めます。それだけでも最高なのですが、ここはブリューパブでもあるので、やはりここのオリジナルブリューで攻めます。
CestWhat005.jpg
Big Butt Smoked Dark Ale。アルコール度数5.0%のダークエール。スモーキーな香りとライ麦のサワーブレッドのような香り。ジューシーでミディアムボディ。飲みやすいし香りもイイ。イイですね!

CestWhat006.jpg
で、これが問題作。嫁のチョイスしたのは Beer Float!!コーヒーフロートをポーターやスタウトといった黒ビールでやってしまおうという一品。これは問題作ですね。ビールはコーヒーポーターなど3種類から選べます。嫁は Hazelnut Chocolate Ale をチョイス。お味は…意外とイイ!クリームと完全にまざった最後の方は、甘さ抑えめに飲みやすくアレンジされたベイリーズみたいで、これは一度試すことをオススメします。

CestWhat007.jpg
おつまみには、トルティーヤでチーズとスパイスを巻いたようなスナック。これがまたビールにあうし、量も味もつまみにナイス。

CestWhat008.jpg
2杯目は、小さいサイズにして Steve's Dreaded Chocolate Orange。泡の感じからして期待できますが、期待通りのナイスチョコレートスタウトでした。オレンジピールのチョコレートのようなのかなと思っていましたが、オレンジはあまり主張していなかったかな。

CestWhat009.jpg
そしてメインはラムバーガー。ラムのバーガーは初めてです。

CestWhat010.jpg
ケチャップとマスタードを塗って、重ねて、完成!
ラムのハンバーグってどんなのだろうと思っていたけど、普通に美味しかったです。そこそこジューシーで、野性味のある味わいで食べ応えも十分でした。サイドのスウィートポテトフライは、厚めのポテチ状にカットしてあって、このカットスタイルは初めてでしたが、アリですね。

CestWhat011.jpg
嫁と4歳児のデザートはクリームブリュレ。焼いたカラメルって、何かヤル気にさせる香りがしますよね。オジさんはビスコッティを一本もらって、チョコレートスタウトと一緒にいただきました。

いやぁ、ようやく突撃できたけど、気にいっちゃった。通いたいわぁ(笑)

2 コメント

Kei  

ビールフロート、、おいしそう。。ぜひぜひいただきとうございます。。日本では多分無理?!か。。笑 トルティーヤチーズスパイス巻きなるものも、非常に、興味があります。。
。。。日本にもだれか広めてくれないかな。。笑  Kei

2011/02/01 (Tue) 16:16 | 返信 |   

ワキ  

Kei さん

ビールフロート、ぜひ自作でトライしてみてください!ギネスビールで行けると思います。今度、ウチでも試してみようかと…レポしますね。



2011/02/02 (Wed) 15:09 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です