カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

オッサンのイカしたラベル St. Bernardus Abt 12 (Brouwerij St. Bernardus NV)

St. Bernardus Abt 12

さて今日はジャケ買いしたベルギービール、
StBernardusAbt12_000.jpg
St.Bernardus Brouweij の St. Bernardus Abt 12 です。サン・ベルナルデュスって読むのかな。

StBernardusAbt12_001.jpg
サン・ベルナルデュス醸造所は、北部ベルギーの、ウェスト=フラーンデーレン州(West Flanders)のWatouというフランス国境にほど近い町にある醸造所。ラベルのイカしたオッサンの絵をみても分かるように、いわゆる修道院ビール。

1992年まではトラピストビールとして売られていたのだけど、トラピストとしての公認される条件が見直され、修道院の中で醸造されたビール以外はトラピストの名前を冠してはならないとなった際に、トラピストビールの公認が得られなくなり、それ以来 St. Bernardus というブランドで売られているそうな。

StBernardusAbt12_002.jpg
アルコール度数10.5%の気合のQuadrupel。深い深い褐色の色に、甘みを連想させるドライフルーツや、ブラウンシュガーなどの複雑な香り。飲んでみると、アルコールの刺激は強いけど、トロット甘いフルーツの感触にブワッと体が温まる感じです。太いボディで、うーんコレコレ!ベルギービールはコレ!っていう感じですね。

0 コメント

コメント大歓迎です