カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

トロント、ハーバーフロントに刻まれたおサカナたち

最近のトロントは、一時期の強烈な寒さがなくなり、オンタリオ湖の湖面も随分と氷が溶けてきたようです。
20110213_100.jpg
先日、4歳児とハーバーフロントをテクテクと歩いていたのですが、ハーバーフロントのセカンドカップの前の歩道にはサカナが刻まれています。

20110213_102.jpg
これはニシン(ヘリング/Herring)ですね。トロントの歩道にいるところを考えると、五大湖からハドソン湾まで生息する淡水ニシン(Cisco/Lake Herring)(記事)でしょうか。

20110213_103.jpg
こちらは、チョウザメ(スタージョン/Sturgeon)ですね。キャビアの親です。カナダの歩道に彫られているってことは、五大湖など北米の淡水域に生息するイケチョウザメ(Lake sturgeon)でしょうか。

で、コレ。これ、イトヨトミヨですよね。
カナダにも居るのでしょうか…。前から気にはなっていたのですが、最近サカナ・クレイジーの4歳児が「ダーディ!これ何?これ何?」というので、調べてみました。
20110213_101.jpg
どうやらオンタリオとは反対側の太平洋側ブリティッシュコロンビア州に、Lake Stickleback というイトヨかトミヨの仲間がいるようです。レッドリスト(絶滅危惧種)のようです。

オンタリオには居ないのかなぁと調べてみたら、居ました!でも名前は、Threespine stickleback。Threespine って3本棘なので、この5本の棘の背ビレのヤツとは違うなぁ。

で、もっと調べていくと発見しました!!Brook stickleback というおサカナが!オンタリオにもバリバリ生息しているトゲウオで、棘の数もバッチリ一致!ということで、これは Brook stickleback に認定します。

※ただの釣り好きオヤジのリサーチです。なんか間違った情報あったら、ごめんなさい。

4 コメント

うまっこ  

はじめまして。昔キッチナーに住んでいたもので、いつもブログをなつかしく読ませていただいております。また御写真のクオリティの高さに感嘆しております。
ところで、淡水ニシンですが、ニシンという名が付いていますが、実はレイクホワイトフィッシュと同じホワイトフィッシュの仲間です。それからスリースパインスティックルバックはイトヨと同種です。
ちなみに、ブリティッシュコロンビア州にもイトヨがいます。

2011/02/19 (Sat) 18:11 | 返信 |   

DEN  

魚の彫刻(?)すごいリアルの見えますねー。
小生、魚にはウトイ(ビールもですけど)ので、
アドバイス出来ずすみません。
DEN

2011/02/19 (Sat) 22:01 | 返信 |   

ワキ  

うまっこさん

はじめまして!
実は、カナダ百目は5種目のスモールマウスバスから読ませていただいておりました。グランドリバー水系は私も昨年から攻めだしたので、いろいろ参考にさせてもらいました。何度かコメントしようとしたのですが、アメブロIDがないとコメントできなかったので、読み逃げでスミマセン。

淡水ニシンはホワイトフィッシュの仲間なのですね!ホワイトフィッシュ…今一番釣りたい魚です。

2011/02/20 (Sun) 11:48 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

DEN さん

そうなんですよ。なんかリアルな魚が歩道に埋めこまれているので、前から気にはなっていたんですよね。なんで、サーモンやトラウトじゃなくて、ニシンなんだろう…って。

2011/02/20 (Sun) 11:49 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です