カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

さわやかヴァイツェン Erdinger Weissbier (Erdinger Weissbrau)

Erdinger Weissbier

さてさて、今宵はヘーフェヴァイツェンです。
Erdinger000.jpg
たぶん日本でも有名だと思うのですが、 ErdingerErdinger Weissbier です。

Erdinger001.jpg
エルディンガーはドイツの白ビール界では最大手なので、ビール好きなら名前は誰でも聞いたことはあると思います。オジさんも多分過去に何度も飲んでいるとは思うのですが、ブログを始めてからは、初めてです。

Erdinger002.jpg
アルコール度数5.6%の濁った薄金色のビール。濁りも香りも想像していたよりは軽めで、飲んだ感じも酸味やスパイシーな感触は薄く、他のヘーフェヴァイツェンとフィルタービールの中間くらいのあっさりした感じ。最近ヘーフェヴァイツェン飲み過ぎて、オジさんが少し麻痺しているだけかもしれないけど…ヴァイツェンは嫌いじゃないんだけど、小麦とイーストの香りがきつすぎるんだよね…という人には、爽やかでとっても飲みやすいかもしれません。

0 コメント

コメント大歓迎です