カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

キースのスコッチエール Alexander Keith's Tartan Ale (Alexander Keith's)

Alexander Keith's Tartan Ale

さて!今日の一本は、カナダビール界の大物、Alexander Keith's から、
AlexanderKeithTartanAle000.jpg
Alexander Keith's Tartan Ale です!

AlexanderKeithTartanAle001.jpg
2月23日付けの Canadian beer news で存在は知っていましたが、Harvest Ale (記事) と同じく、飲み屋のタップでしか飲めないかなと思っていたら、ひょんなところで缶をゲット!タータンチェックだから間違いなくスコッチエールですな。

AlexanderKeithTartanAle002.jpg
アルコール度数6.1%のアンバーカラーのエール。香りは少しスモークの感じもある甘いスコッチエール特有の香り。飲んでみると、アルコールの刺激とスコッチエールならではの角のとれた甘み、ボディも太めのミディアムボディでなかなかの飲みごたえ。人気のスコッチエールと比べると軽めなのだけど、逆に飲みやすくで良いかも。ウッドの香りがきついと、「うわっ」と言って顔をしかめる嫁も、少し飲ませてみたら「飲みやすいじゃない」って言っていたし。チェックのボトルのデザインが格好良くて、そこもポイントが高いですね!

0 コメント

コメント大歓迎です