カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

シカゴへ その3 春の川で撃沈

シカゴへ その3 春の川で撃沈

さて、インディアナ州を抜けてシカゴに到着したのはトロントを出てから12時間後…。ようやく到着したと思ったら、なんだか悪寒と眩暈におそわれるオジさん。運転しすぎて酔ったかなぁ…なんて思っていたけど、あまりにもクラクラするので熱を測ってみると、なんと!38.6度!さっそく寝込みました。

そして1日…
……2日
………3日
…………4日
ずーっと寝込んでいました…。熱下がらないし、鼻水止まらないし…

でもようやく熱も微熱程度になった5日目。このままでは久しぶりの長期休暇も、イリノイ州まで来た意味もなくなってしまう、と気合で寝床から這い出したオジさんは、クラクラする頭で出撃したのでした。

ToIllinois200.jpg
近所で釣りのライセンスをゲットして、ブーンと郊外へ。郊外ドライブはやっぱりいいなぁ。

ToIllinois201.jpg
GoogleMapで目星をつけていた川の堰に到着。いるいる、釣り師が結構やっております。でも餌釣りで鯉とナマズ狙いっぽいです。クラッピー!!クラッピー!!と少し竿を出してみましたが、生体反応なし。遠くでオッサンが鯉を一本あげていたのみ。

ToIllinois202.jpg
次!次!と川を下っていきます。途中通貨する街並みが、オンタリオとは少し違う雰囲気で面白いです、

ToIllinois203.jpg
次のダムでもがんばりましたが、生体反応なし!まだ頭はくらくらするので、あまり無理もできません。生体反応がなければ、次!次!とガンガン川を下っていきます。

ToIllinois204.jpg
結局、7、8箇所も叩きましたが、生体反応ナッシング!釣り人は多くいましたが、鯉とニゴイを1匹づつ見たのみ。渋いぜ…。

ToIllinois205.jpg
やっぱりまだちょっと早かったのかな。初夏になれば、スモールマウスバスとかたくさん釣れそうな雰囲気はあったのですが…

また機会があったら、イリノイにリベンジしに行ってみたいです。

4 コメント

lce2  

鯉とニゴイですか・・・。
こっちのリザーバーにもデカイ鯉が居ます。
川のスモールは引きそうですね。

2011/05/22 (Sun) 23:59 | 返信 |   

ワキ  

lce2 さん

完全にサカナにはふられてしまったイリノイドライブ旅行でした。

2011/05/23 (Mon) 21:29 | 編集 | 返信 |   

うまっこ  

イリノイ州でニゴイ似の魚というと、きっとホワイトサッカーでしょうか。

2011/05/24 (Tue) 14:41 | 返信 |   

ワキ  

うまっこ さん

サッカーですね。堰の下ではサッカーがもじっていました。
イリノイは釣り師が多かったです。

2011/05/28 (Sat) 12:54 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です